« Kたんと、七夕祭り☆★☆ | トップページ | 音楽と死 »

2006年7月 7日 (金)

5555 Mozart HOUR in H.A.L3 vol.10

こんばんは。
本日は七夕、織姫と彦星の年に一度の逢瀬も、かなうかどうか、微妙な空模様だなぁ・・と感じております、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

P1010088

「the serect Mozart」 works for clavichord
・・アレグロ(ソナタ楽章)ト短調、4手のためのアンダンテ(主題)と5つの変奏曲ト長調、他 全23曲
クラヴィコード奏者:クリストファー・ホグウッド
deutsche harmonia mundi レーベル

今回は、音色が何とも可愛らしい鍵盤楽器、クラヴィコードの作品集です。(クラヴィコードとは、現在の「ピアノ」の前身のような楽器です。)
この作品の中には、実際にモーツァルトが愛用し、「魔笛」、「レクイエム」、「皇帝ティートの慈悲」などの作曲にも使用したと伝えられているクラヴィコードで演奏されているものもあります。クラヴィコードは「鍵盤楽器」ですが、曲によっては、音が弦を弾くように響くものもあるので、ギターや琴のように聴こえたりもします。発展途上の楽器と言えるかもしれませんが、拙いながらも無邪気で、古楽器ならではの神秘的な音色は、何ともいえない、独特な味わいがあります。まだ幼いモーツァルトが作曲した曲などは、本当に邪心が無く、小さな可愛い手で、ただただ楽しく弾いていた様が眼に浮かびます。

ころころと転がるような、愛らしい音楽、これから始まる一日が、何だかとても幸せな日になりそうな一枚です。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« Kたんと、七夕祭り☆★☆ | トップページ | 音楽と死 »