« Kたんと、どしゃぶり雨の日。。 | トップページ | 5555オープン5周年イベント IN HAL3 VOL1 »

2006年6月16日 (金)

5555 Mozart HOUR in H.A.L3 vol.7

こんにちは。
この間の休日には、4時間もお風呂に入ってしまった為、少し湯冷めをしてしまった、宮川です。

それでは今週のモーツァルトです。
P1010031ピアノ・ソナタ集
第8番 イ短調 ・第10番 ハ長調b・ 第11番イ長調「トルコ行進曲付き」
第12番へ長調 ・第13番変ロ長調 ・第15番ハ長調
/グレン・グールド

今回もまたまたピアノ曲なのですが、綺羅星のごとく強烈な個性のピアニスト、グレン・グールドです。
頭にハンチング帽をポンと乗せ、無造作に引っ掛けたロングコート、ものすごい猫背の姿勢、空いた方の手をぶんぶん振り回しながらピアノを弾く・・・ヴィジュアル的にもとても個性的なのですが、演奏は更に!!です。何となく聴いていても、「あれ、このピアノはもしかして・・」と私が唯一気が付くピアノストかもしれません。ほとんどペダルを踏んでいないのでタッチはあくまで明晰、意表をつかれる伸び伸びと弾むようなテンポ、好き嫌いもあるかも知れませんが、私は個人的に大好きです。
グールドのモーツァルト嫌いは有名です。モーツァルトの最大の特徴でもあった、多用される装飾音をとても軽蔑していたとか。では、一体どの様な気持ちで弾いていたのか・・天才の考える事はわかりません。
グールドはエピソードには事欠かない人物です。夏目漱石を愛読していたり、水道水は絶対飲まない、また、若かりし頃は天使の様な美少年だったとも言われています。

そんなグールドの「モーツァルト・ソナタ集」。

躍動感あふれる、天衣無縫なモーツァルト、一聴の価値ありです。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« Kたんと、どしゃぶり雨の日。。 | トップページ | 5555オープン5周年イベント IN HAL3 VOL1 »