« 音楽を「どんなふうに」聴きますか? | トップページ | 創り出すのは「無音」ではなく「静寂」 »

2006年5月23日 (火)

Kたん、名古屋道中記①

こんばんは、Kたんやで (☆‘ω'☆)/+。゜☆
またまた、Kたんは、名古屋に行ってきたで、
今日からそのもようをお送りするよ☆

まず、名古屋の大須いう所に行ってきたんやけど、
面白いお店がぎょうさんあって、とっても楽しかったわv

洋品店や、古着屋さんも多かったけど、
秋葉原にあるようなオーディオのお店や、
メイド喫茶まであったよ~★

そこで、Kたんが行ったお店は
OFFICINA di CESARI」ヾ(ω<`**)  !!
Photo_109 じゃん。
本当はメイド喫茶に行こうと思っとったんやけど、
あいにく夜からの営業なんやて。。ザンネン。

イタリアンテイストあふれるオープンタイプのカフェは、
買物途中にくつろぐのにぴったりv
隣のレストランでは、バイキング形式のランチを提供しとったで、
おなかいっぱい食べれそうやね。

注文したメニューはこちら!

Photo_110

Kたんはイチゴタルトカフェラテのケーキセット!
連れはビスケットと、無花果
そして飲み物はカフェシャケラート!(写真㊨)

この「カフェシャケラート」は、
エスプレッソを、店員さんがシェーカーで振って、
グラスに注いでくれるんやよvv
カクテルみたいで、びっくりしてまったわ。。
いい感じに泡立ってて、おいしかったよ~☆

さて★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★やよ~☆

Cd

ドミニカ出身のピアニストであるミシェル・カミロと
スペイン出身のフラメンコ・ギターリストで若きホープである
トマティートによるデュオ・アルバム。
今月新譜で発売されたので早速買ってみた。ってワケ。

お互いにラテン民族の熱き血潮をぶつけ合いながら、
ラテン音楽特有の郷愁をも感じさせるパフォーマンスを展開して行く。

アッシのベスト・セレクトは2曲。
トラック② ピアソラの名曲「リベル・タンゴ」では。
ピアソラ特有のスタッカートの効いた強力なタンゴのリズムに乗って、
ピアノとギターが密接にかけ合って行く。
力強く濃厚な表現でピアソラを演奏。

トラック⑨ チック・コリアの名曲「ラ・フィエスタ」では。
スピード感溢れるリズム・パターンに、
ピアノとギターがお互いに刺激し合う。
二人のテクニックの限りを尽して絡み合うスリリングな演奏に圧巻!!

「スペイン・アゲイン/ミシェル・カミロ&トマティート
ユニヴァーサル UCCM-1098 2006年録音

この二つのアコースティック楽器の生音を
VIVID AUDIO のスピーカー V1は、
現場の空気と共にリアルに表現してくれた。ってワケ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Kたんの名古屋道中、まだまだ続くよ~☆★
楽しみにしとってくれると、嬉しいわv
以上、Kたんがお送りしたよ (○´∀`)/ 

|

« 音楽を「どんなふうに」聴きますか? | トップページ | 創り出すのは「無音」ではなく「静寂」 »