« ちょっと気ままにモーツァルト | トップページ | Today's lunch!! Vol.12 »

2006年5月27日 (土)

“Friday concert”Vol.19速報!!

the subject .1「LUX C-1000f & B-1000fが鳴らす世界のスピーカー!!」

414poweramp_2今回はESOTERICのフロントエンドにLUX  B-1000fC-1000fのペアを固定して五種類のスピーカーを鳴らそうという企画。厳密な比較試聴を、というよりはLUXのペアがどのように五種類のスピーカーを鳴らしてくれるのか、ということに着眼し個々の演奏を楽しんで頂こうというのがポイントでした。そのために、課題曲としてはウッドベース、ヴォーカル、ピアノ、ヴァ414c1000fイオリンという四つの要素が一曲で楽しめる大貫妙子の曲を課題曲としてすべてのスピーカーで比較しましたが、その他は20枚のディスクから私が選曲したもので個々のスピーカーの個性を引き出したいという進行でした。最も小型のSonusfaber Guarneri Memento では小型でコンパクトであってもここまで低域の再現性があるということをチェックする選曲で始まり、オーケストラからJPOPまで広範囲な選曲であっという間の二時間でした。

2006526guest どうしてもイベントということで多数の皆様が同時に試聴して頂くということになるとセンターポジションが取れないという宿命はあるのですが、各スピーカーの音色と質感、音場感の違い、などはオフセットされた位置でもご理解頂けたのではないかと思います。と、いうよりも、これはきっかけであって皆様の求めるもの好みのものが今回のイベントで手がかりとして発見して頂いたのであれば何よりでした。そして、的を絞ってからはお一人でじっくりと試聴して頂けるよう皆様のご来店をお待ちしているものです。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。そして、個別の試聴をいつでも大歓迎でお待ちしております!! <m(__)m>

|

« ちょっと気ままにモーツァルト | トップページ | Today's lunch!! Vol.12 »