« 5555 Mozart HOUR in H.A.L3 | トップページ | MOZART HOURの選曲 »

2006年5月 5日 (金)

6Fの選曲

「モーツァルトといったら交響曲25番でしょう」

フロアマスターの東は迷うことなくこの曲を選びました。

かつてこの曲を素晴らしい音で聴かせてくれたお客様がいらっしゃったのだそうです。

音が良いのはもちろんのこと、傍らにある机、棚、食器、照明、部屋全体がまるでこの曲の持っている気配を具現化したかのような世界を表現していたということは、その方の愛用していたスピーカーがBOZAK「B-4000A Moorish Symphony」カートリッジがAKG「P-100 LTD」だったと言ったら想像して頂けるでしょうか。

そして今、「TAMINO」からこの曲が流れ出ると、モーツァルトの産み出した響きと一緒に、東とそのお客様に流れていた時間もこのフロアを満たしていくように感じるのです。

音楽はひとりひとりの心に繰り返し刻み込んでいくものなのだと思うのです。

Mozart_1

モーツァルト:交響曲全集より
「交響曲25番 ト短調」
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ジェイムズ・レヴァイン

システム
verity audio 「TAMINO」 + esoteric 「SZ-1」 I-LINK 「AZ-1」

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

« 5555 Mozart HOUR in H.A.L3 | トップページ | MOZART HOURの選曲 »