« 中古品入荷予定 | トップページ | »

2006年4月23日 (日)

Kたんと、カワイイあいつ☆★ ②

こんばんは、Kたんです☆★
今日は、昨日に引き続き、クリニックのカワイイ~加湿器「りんごちゃん」の、
生い立ちのお話をしたいと思いますv
りんごちゃん」はこちら↓
Photo_4 じゃん。

それは、なくして語れない物語…。
彼女がクリニックにやって来たばかりの頃のお話です。
その頃、りんごちゃんはとってもラブリーなグリーン色をしておりました…。
Photo_7 
はちきれんばかりのビタミンが含まれていそうなそのボディに、
KたんもDr.も心奪われたものであります…(-_-;)
彼女のボディから発せられるウルオイのミストは、
とても都会の水道水で加湿しているとは思えないほどの、
若さと気品に満ちあふれておりました。
しかし、美人薄命とはよくいったもので…
秋葉原という土地の劣悪な水質に蝕まれていったりんごちゃんの体は、
しだいに衰えていったのです…( ̄○ ̄;)

以下回想(イメージ)
病魔に蝕まれた荒い息の下から、必死にDrの名前を呼ぶりんごちゃん
Dr「…専門的な治療が必要だな…
ここより高度な専門医療機関(メーカー)に入院させなければ…」
クリニックを離れたくないと泣き叫ぶりんごちゃん
断腸の思いでりんごちゃんを送り出すKたん。
Kたん「あなたのためなのよ、りんごちゃん、耐えて頂戴…」

やがて、幾度かの入退院を繰り返し、退院のお墨付きをいただくりんごちゃん
喜ぶクリニックの面々のもとに、一本の電話が…
「実は…申し上げにくいことなのですが…」
りんごちゃんの入院先からの電話に、Dr達は驚愕する。
その恐るべき内容とは…?
果たして、りんごちゃんの運命は…!?

ここで、Drからのお知らせです~♪
★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

Photo_61

ブルガリア産モニター・スピーカーEBTB TERRAⅡPRO 。
何を鳴らせば?面白いのか?TRYする楽しみも格別。ってワケ。
前回はケルティック・ミュージックの雰囲気を良く表現した!!
で。今回はお家元である、ブルガリア音楽を鳴らしてみた。

ブルガリア/ブルガリアン・ヴォイスRITUAL
ドラ・フリストヴァ指揮  ブルガリア国立放送合唱団 
ワーナー WPCS10731

神秘の歌声<ブルガリアン・ヴォイス>は、まさに音の洪水!!
神秘的で豪快なサウンド体験が出来る。
緊迫した歌声、楽器演奏が、現場の空気がホール・トーンとなって響き続ける。
演奏が終わり無音状態になった時、まだ体内にはその歌声が漂い、
感性は演奏会場の中に残る...。
EBTB TERRAⅡPROから発しているのではなく、
この小宇宙の中にEBTB TERRAⅡPROが生きている証。ってワケ。

りんごちゃんの生い立ちは、次号いよいよ最終回!
待ちきれない!という方も、もう飽きた…という方も…
画面をリロードしまくって、お待ちくださいっ♪

以上、Kたんでしたっ m(цωцm)

|

« 中古品入荷予定 | トップページ | »